進化遺伝学研究室へようこそ

九州大学理学部生物学科・大学院システム生命科学府 進化遺伝学研究室のホームページです。当研究室は集団遺伝学・集団ゲノム学・バイオインフォマティックスをベースにして、データ解析や進化メカニズムに関する研究を行っています。

早川敏之准教授を中心とするチームではヒトのゲノム多様性データを解析して精神疾患の進化医学的側面を研究しています。どのような進化的変化がヒトをヒトたらしめたのか、その起源の解明に取り組んでいます。

手島康介准教授を中心とするチームでは集団遺伝学の理論とシミュレーションを用いて、ゲノム多様性と進化的イベントの関係を解析しています。遺伝的多様性は変異や集団の歴史・適応など様々な要因の影響を受けます。集団ゲノムデータを解析したときに見られる多様性パターンの理論予測や各種進化パラメータの推定、新たな解析方法の開発に取り組んでいます。