真のリーダーシップをもつ先生(2012.05.10)


真のリーダーシップをもった先生(2012.05.10)

私が大学院に入学した年の夏、東京で国際発生生物会議が開催され(1977年8月29日-9月2日経団連会館)、学会後のオプショナルツアーに同行させてもらいました。鎌倉から三崎の臨海実験所、箱根へと移動して一泊、その後、菅島の臨海実験所や伊勢志摩をめぐり、京都に向かいました。ツアーには岡田節人先生のかつてのボスだったEbert先生、Moscona先生、Abercrombie先生など教科書で名前をみた先生方が、多くはご夫妻で参加されていました。Ebert先生と奥様の隣の席でバスに乗って三崎の臨海実験所での有名な団先生のThe last one to goのエピソード をEbert先生から教えてもらったり、菅島の臨海実験所の先生にわざわざ紹介して頂いたり、かけだしの学生にとても優しい配慮をしていただいたのに今でも感謝しています。

Ebert先生と奥様はドライブの途中の交通事故でなくなってしまって(2001年5月22日)、再びお目にかかってお礼をいう機会もないのは残念です。

Ebert先生はすぐれたリーダーシップをもつ学者の見本の先生といわれています。リンク先のEbertご夫妻を悼む言葉を読んではじめて、先生が第二次大戦中は海軍で駆逐艦にのっておられて、日本の特攻機に船が撃沈されて海をただよっておられたことがあるのを知りました。生き残った最上級士官として、乗組員の戦死を家族に知らせる責務を果たす際に、同じ海軍にいた女性隊員の奥様と出会われたのだそうです。戦後、実験発生学を学び、カーネギー研究所の所長、ウッズホール臨海実験所の所長などの他、アメリカ科学アカデミーのVice-Presidentなどを歴任されました。戦争が終わってからは日本の発生学、発生生物学の発展のために40年以上にわたって格段の助力をいただいたと聞いています。そして亡くなる前には中国の発生生物学を学ぶ人たちを援助することに大変な力を注いでおられたのだそうです。


各人の才能を開花させることの天才というような先生で、花を育てる時、個々の植物に応じた水やりや肥料やりが大切ですが、科学者 個人個人によって異なる長所と、それぞれの個性によって違う研究方向をみきわめて、援助と財源獲得をすすめることで、米国の科学のみならず日本や中国の科学の発展にも大きく貢献されたと思います。Brown博士の弔辞の結びです。

In summary, Jim Ebert's major contribution to 20th century biology was one of leadership. He directed others with common sense and intelligence removing obstacles so that scientists could mature and follow their own instincts. We have come to identify these principles with the highly successful administration of science that is practiced in the United States. (Donald D. Brown, Staff member, Department of Embryology , Carnegie Institution of Washington, September 2001)

写真は我が家のサクランボです。研究室のみんなと食べました。

*******************************************************************************************************

新学期が始まっています!
(2012.04.18)

線虫  C. elegansのデータベースWormbaseが一新されました。 前のWormbase(今はlegacy siteにあります)とはデザインが全く違うので、慣れないとめちゃめちゃ使いにくいです。そこでごく簡単な使い方入門のpdfをこしらえました。ここにありますので、ダウンロードしてお使い下さい。

卒業式が終わり、あっという間に新学期がはじまりました。GPIアンカー合成の意義を明らかにした博士論文で学位を取得した村田大輔君は、大阪大学医学部の金井好克先生の研究室に就職しました。ミネソタ大学の中藤先生のところでポスドクをしていた出嶋克史君は、今年から米国のカリフォルニア大学サンディエゴ分校で学術振興会のJSPS postdoctoral fellowとして活躍を始めました。線虫の研究をしているChisholmさんの研究室ですが、近くには糖鎖生物学の大家のJeff Eskoさんもおられるようです。私達も新しい卒論生を迎えて新年度早々から実験に励んでいます。桜の花は散りましたが私達のいるコラボステーションIIがある馬出地区のキャンパスでは八重桜や写真のような緑の桜の花がきれいに咲いています。大学病院にこられる患者さんや家族の方々も見物しておられます。

新学期ですので、新入生や進級した学生のみなさんに参考になるような話をまとめておこうと思います。

英語を使う能力は今後、在学中、卒業後を通じて絶対役立ちますから、時間をみて向上させておいてください。今はYouTubeなどで英語のプレゼンを聞くのも簡単ですし、無料の英語講座などもYouTubeなどにありますからいろいろ視聴してみると、リスニングも上手になると思います。
大学院入試でTOEICが英語の試験の代わりになっているところが激増しています。就職活動のとき企業にだすエントリーシートにもTOEICの得点を書き込む欄があるところが増えているようです。TOEICテストは練習しだいで結構点数が上がるようですから、皆さんの大学などで提供されているTOEIC練習用の無料プログラム(九州大学ならここにあります。技術英語や医学英語の勉強コースも同じ所にあります。試してみて下さい。)や授業をせいぜい利用して、一年生から勉強をはじめて卒業前には750点以上はとれるようにするとよいようです。

コンピュータは今や必須の勉学アイテムですから、絶対自分のパソコンをもって勉強に役立ててください。
九大ではこのアドレスからたどれるソフトウエアのライセンスプログラムもありますので、Microsoft Officeなどは学生個人のコンピュータに無料でインストール可能です(制限など詳細はここをご覧なさい)。九大のようなライセンスプログラムをもっていない大学も多いので、九大はとても恵まれていると思います。)Windowsも下位バージョン(Home editonとかです)がインストールしてあるコンピュータさえあれば、九大のライセンスで無料でバージョンアップして最上位バージョンにグレードアップすることができます。
Windows7 EnterpriseエディションではVirtual PCがはじめからついてきますし、XPモードもあります。Virtual PCやVirtualboxというソフトを使えばWindowsのパソコンでLinux(下を参照)を動かすのも簡単です。

プログラムをやってみようかなと思っている人もいると思います。私の時はFortranとかBasicの時代でしたが、今はいろいろプログラム言語があります。私は統計解析によく使われるRから勉強しておくとすぐ役立つのでおすすめだと思います。全く無料ですし、以前紹介したように大量の無料の解説サイト、ビデオ、わかりやすい書籍などがあふれています。統計解析を使ってなれながら、理論面を授業で学ぶとよいと思います。PerlとかRubyとかいうプログラム言語も生物科学ではよく使われています。Rの次におすすめです。

また無料のOS(オペレーティングシステム)であるLinux(りなっくす)をコンピュータにインストールして使うのもやってみると良いと思います。最近ではubuntuなどインストールしやすいLinuxがありますので、、インストールして使ってみるとよいでしょう。(Virtualboxをインストールして仮想マシーンを作成し、仮想マシーンにubuntuのisoイメージをつかってubuntuをインストールするのが簡単でしょう。詳しくはいつか時間があるときに書きます) LinuxはUNIXをモデルに開発されたオペレーティングシステムですので、コマンドも昔からずっと同じで一回学んだコマンドが何十年も使えるというメリットも大きいと思います。バージョンアップも無料ですし、世界中で使われていて、バイオインフォマティクスなど生物学の分野でもLinuxでしか動かない有用なプログラムが多いため、Linuxでプログラムを動かせる能力が研究に不可欠になりつつあるのが現状です。

また物理や数学の好きな人、逆に数式の苦手な人は、数式処理言語のMathematicaの学生版を買って(大学のライセンスを使える人は大学のライセンスを利用して無料で)大学の数学や物理の授業に並行して遊んでみると良いでしょう。Rとならんでこのソフトも将来の仕事で大いに役立つものですので、おすすめです。

今は就職活動の真っ最中の時期ですね。エントリーシートを書いて、何回も面接にいって内定がでた人もいるかもしれませんが、まだまだ活動は続く人がほとんどでしょう。今年卒業して公務員になった私達のところの四年生も内定は秋にずれこんでいました。卒業生には獣医さんをめざしてセンター試験を突破して再入学した人もいます。各卒論生の成果はおいおいデータベースや論文として公開していく予定です。第一弾として遺伝子相互作用の解析システムVisantの使い方をマスターして使い方の手引きもつくった21世紀プログラムの卒業生の「Visant使用のてびき」を近々このサイトにアップロードする予定です。

皆さん、健康に留意してがんばって能力を向上させていってください。

参考に、以前書いたRの勉強の案内を以下に再録しておきます。その他の記事も下の一覧をクリックしてご覧ください。古いのから順番にみていくと、新学期からスタートした勉強の参考になると思います。


バックナンバー
   
福岡は雪です。―リンク集の改訂と英語の辞書と教科書の紹介:大学図書館を活用しよう その3です― (2016.1.25)  
新しいPowers of Ten: ものの大きさの旅―プランク長から宇宙の果てまで。大学図書館を活用しよう―その2です (2015.06.12)  
2015年、あけましておめでとうございます!大学図書館を活用しよう―その1です(2015.01.13)  
ヒト糖鎖遺伝子の線虫オーソログの網羅的RNAiと新しい線虫糖鎖遺伝子データベースCGGDBの論文がでました!(2014.8.29)  
研究室のコンピュータのOSをWindowsXPからWindows7に全部変えました (2014.5.27)  
アセチルCoAトランスポーターの総説を書きました。(2013.3.26)  
遺伝子ネットワーク解析ソフト VISANTの使い方です!(2013.03.08)  
あけましておめでとうございます。(2013.01.18)  
山中伸弥先生、John Gurdon先生 ノーベル賞おめでとうございます。(2012.10.09)  
真のリーダーシップをもった先生(2012.05.10)  
新学期が始まっています! (2012.04.18)  
春めいてきました!冠詞の使い方の解説サイトの紹介です(2012.03.03)  
あけましておめでとうございます!ポスター発表の例をみられるサイトの紹介です(2012.01.02)  
トップジャーナルに投稿しよう! 3 (図の説明の書き方) (2011.12.28)  
科学の方法1(統計学を勉強しよう)(2011.9.22)  
トップジャーナルに投稿しよう! 2 (レフリーとのやりとりの見本)(2011.5.17)  
あけましておめでとうございます。(2011.01.10)  
真夏の怖い話(2010.08.26)  
今年も九州大学生物学科の公開講座の季節になりました。(2010.08.03)  
ドイツのEMBLにいってきました。(2010.07.02)  
英語で話すコツ (3): 英語で講義をしてみたい!(2010.04.01)  
iPS細胞の山中先生の講演会と、糖鎖生物学 (2010.01.29)  
あけましておめでとうございます。(2010/01/13)  
生命科学の文献検索のやりかた:PubMedを使ってみよう (1) (2009/11/11)  
糖鎖化学の教科書の紹介  (2009/10/17)  
実験ノートについて (3) (2009/10/10)  
科学を学ぶ人のためのポータルサイトの紹介(2009/10/2)  
LSD(ライフサイエンス辞書ツール、Firefox用マウスオーバー辞書アドオン)の使い方(2009/8/14)  
オープンキャンパスでにぎわっています! (2009/8/7)  
無料の英語の辞書とweb pageの保存用アドオンの紹介 (2009/7/27)  
英語で話すコツ(2) (2009/7/17)  
英語で話すコツ (1) (2009/6/22)  
糖鎖生物学って何だろう?(1) インフルエンザウイルスの話 (2009/6/1)  
実験ノートについて (2) (2009/5/17)  
実験ノートについて (1) (2009/5/10)  
虫の写真 C. elegansではなくて昆虫です! (2009/4/24)  
新学期です! (2009/4/13)  
トップジャーナルに投稿しよう! (2009/3/31)  
科学を楽しく勉強できるサイト (2009/3/20)  
科学を楽しく学べるサイト (2009/3/16)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (3) (2009/3/10)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (2) (2009/3/9)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (1) (2009/3/4)  
Google検索 (6) (2009/2/25)  
Google検索 (5) (2009/2/24)  
Google検索 (4) (2009/2/23)  
Google検索 (3) (2009/2/20)  
Google 検索 (2) (2009/2/19)  
Google検索 (1) (2009/2/16)  

ダーウイン生誕200年 (2009/2/12)

下の写真は私達の長年利用していた九州大学コラボステーションIIです。手前にうつっているのは千利休 釜掛けの松の記念碑です。 ここは野点(のだて)発祥の地とされています。