あけましておめでとうございます!  (2012.01.02)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしく御願いいたします (2012.01.02)。
あたたかい元旦でしたが、深夜から雪になったようで私達の町では朝、雪がつもっておりました。

さて新年早々ですが、今日はポスター発表の例がみられるサイトを紹介しておきます。
FACULTY of 1000というサイトは出版された論文の評価がのっている有用なサイトですが、そのサイトの中にPostersというのがあります。 ここには学会で発表されたポスターがたくさん集められていて、ポスター作りの見本が満載です。これから学会発表でポスターを作る皆さん、作っている皆さんにとって必見のサイトと思います。
是非、活用してみて下さい。



トップジャーナルに投稿しよう! 3 (図の説明の書き方) (2011.12.28)

論文の原稿が完成した段階で図には説明を付けなくてはなりません。英文で図の説明を書くのですが、短く簡潔に書く必要があります。
そういうときのお手本探しに大いに役立つのは例えばJournal of Biological ChemistryのサイトにあるAdvanced Searchです。画面下のほうをみていくとSearch Figures and Tablesという検索フィールドがあります。ここに図の説明に使うキーワードを入れてSubmitボタンを押すと図やテーブルの説明文が図と一緒にあらわれます。図の説明を読んで代表的な説明の仕方をまねればよいでしょう。それを元に英文を仕上げていくとずいぶんよい英文になります。是非試してみて下さい。

では皆さん良いお年を!


科学の方法1(統計学を勉強しよう)(2011.9.22)


科学の方法について議論するなら、統計学をぬきに議論することは不可能です。科学の哲学的側面に興味がある人は是非、科学哲学を学ぶ時に統計学をおろそかにせずに勉強してもらいたいと思っています。今回は、統計学をてっとりばやく勉強する方法を紹介しましょう。

実験してデータが得られて、値に差があるときその差が本当に意味のあるものなのか(有意差があるのか)、あるいは単なる偶然によって差があるように見えているだけなのかが心配になります。実験のデータ数がまだ少ないのではないか、一体どれくらいのサンプル数を用意したら有意差があるといえるのだろう、など悩みがちなものです。統計学の本は今までは平均、標準偏差とかを紹介した後、二項分布、正規分布などがでてきて中心極限定理とかまでたどりついて息切れというパターンで、実際に使う解析法にたどりつけず統計学が使えないで困っている人が多かったのです。またExcelでも統計解析がある程度できますが、もう少しだけ進んだ統計解析をするのに必要なコンピューターソフトウエアを買いに行くと、3500円かと思ってパッケージをよくみると35000円だったり、十万円を超える値段がついていたりとあきれるような状況でした。安くてよい統計解析のソフトはないものでしょうか。

生物統計学に関するベストセラー「生物学を学ぶ人のための統計のはなし―きみにも出せる有意差」を書いておられる生物科学部門の粕谷英一先生は、統計解析のソフトウエアとして(無料のオープンソースのソフトウエアで世界中で最もよく使われている統計ソフトウエアです。Windows版もMac版もあります)をすすめてくださいました。一元配置分散分析とかt検定、多重比較、一般化線型モデルとかでも、ちょっと勉強すれば誰でもすぐ皆使えるようになります。私達も昔はExcelで統計解析をしていましたが、最近の論文での統計解析はすべてRを使っています。

Rのインストールの仕方、使い方、そしてRを使った統計学の解説は入門レベルから高度な内容まで、インターネットに充実した解説がありますし、本もいっぱいでていますまずはグラフィカルインターフェイスでRを使いやすくするR commanderを使って勉強をはじめるのがお勧めです。R commanderというのはRの補助パッケージで、これを組み込めばデータのグラフなどは一瞬に書くことができて分析も簡単ですので是非R commanderを使うところからRの入門をしてみてください。

私達の研究室で入門用に薦めている本は、
「R」Commanderハンドブック (舟尾 暢男著)です。有名なFisherのアイリスの花の統計解析にはじまってタイタニック号の乗客の生死の解析(1等、2等、3等船客の間、大人と子供、男女などで生死に差があったのかなど)など興味深い例をR commanderで次々に解析しているうちにRと統計に入門することができます。映画タイタニックを観ながら勉強するのもよいかもしれません。

今年に入って、九州大学の伊都キャンパスでの特別講義として、三中信宏先生がRを使った統計解析の入門講義(データ解析概論)をなさいました。なんとその全てが九州大学生物体系学研究室によってYouTubeに公開されています。このYouTube講義から勉強を始めればなお簡単に統計学が使えるようになると思います。ExcelからRへのデータ移行は簡単ですのでExcelと併せて使うこともできます。またExcelの中からRを使うRExcelというパッケージもありますので、これをインストールしてもよいでしょう。これをインストールすると自動的にRとR commanderがインストールされて便利です。

昔とちがって、高度な計算がパソコンで簡単にできますので、昔は個人ではほぼ不可能だったデータ解析が手軽にできます。試してみて下さい。

バックナンバー
   
福岡は雪です。―リンク集の改訂と英語の辞書と教科書の紹介:大学図書館を活用しよう その3です― (2016.1.25)  
新しいPowers of Ten: ものの大きさの旅―プランク長から宇宙の果てまで。大学図書館を活用しよう―その2です (2015.06.12)  
2015年、あけましておめでとうございます!大学図書館を活用しよう―その1です(2015.01.13)  
ヒト糖鎖遺伝子の線虫オーソログの網羅的RNAiと新しい線虫糖鎖遺伝子データベースCGGDBの論文がでました!(2014.8.29)  
研究室のコンピュータのOSをWindowsXPからWindows7に全部変えました (2014.5.27)  
アセチルCoAトランスポーターの総説を書きました。(2013.3.26)  
遺伝子ネットワーク解析ソフト VISANTの使い方です!(2013.03.08)  
あけましておめでとうございます。(2013.01.18)  
山中伸弥先生、John Gurdon先生 ノーベル賞おめでとうございます。(2012.10.09)  
真のリーダーシップをもった先生(2012.05.10)  
新学期が始まっています! (2012.04.18)  
春めいてきました!冠詞の使い方の解説サイトの紹介です(2012.03.03)  
あけましておめでとうございます!ポスター発表の例をみられるサイトの紹介です(2012.01.02)  
トップジャーナルに投稿しよう! 3 (図の説明の書き方) (2011.12.28)  
科学の方法1(統計学を勉強しよう)(2011.9.22)  
トップジャーナルに投稿しよう! 2 (レフリーとのやりとりの見本)(2011.5.17)  
あけましておめでとうございます。(2011.01.10)  
真夏の怖い話(2010.08.26)  
今年も九州大学生物学科の公開講座の季節になりました。(2010.08.03)  
ドイツのEMBLにいってきました。(2010.07.02)  
英語で話すコツ (3): 英語で講義をしてみたい!(2010.04.01)  
iPS細胞の山中先生の講演会と、糖鎖生物学 (2010.01.29)  
あけましておめでとうございます。(2010/01/13)  
生命科学の文献検索のやりかた:PubMedを使ってみよう (1) (2009/11/11)  
糖鎖化学の教科書の紹介  (2009/10/17)  
実験ノートについて (3) (2009/10/10)  
科学を学ぶ人のためのポータルサイトの紹介(2009/10/2)  
LSD(ライフサイエンス辞書ツール、Firefox用マウスオーバー辞書アドオン)の使い方(2009/8/14)  
オープンキャンパスでにぎわっています! (2009/8/7)  
無料の英語の辞書とweb pageの保存用アドオンの紹介 (2009/7/27)  
英語で話すコツ(2) (2009/7/17)  
英語で話すコツ (1) (2009/6/22)  
糖鎖生物学って何だろう?(1) インフルエンザウイルスの話 (2009/6/1)  
実験ノートについて (2) (2009/5/17)  
実験ノートについて (1) (2009/5/10)  
虫の写真 C. elegansではなくて昆虫です! (2009/4/24)  
新学期です! (2009/4/13)  
トップジャーナルに投稿しよう! (2009/3/31)  
科学を楽しく勉強できるサイト (2009/3/20)  
科学を楽しく学べるサイト (2009/3/16)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (3) (2009/3/10)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (2) (2009/3/9)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (1) (2009/3/4)  
Google検索 (6) (2009/2/25)  
Google検索 (5) (2009/2/24)  
Google検索 (4) (2009/2/23)  
Google検索 (3) (2009/2/20)  
Google 検索 (2) (2009/2/19)  
Google検索 (1) (2009/2/16)  

ダーウイン生誕200年 (2009/2/12)

下の写真は私達の長年利用していた九州大学コラボステーションIIです。手前にうつっているのは千利休 釜掛けの松の記念碑です。 ここは野点(のだて)発祥の地とされています。