トップジャーナルに投稿しよう! 2 (レフリーとのやりとりの見本)(2011.5.17)

トップジャーナルに投稿しよう! 2 (論文の書き方:レフリーなどに対する返事の手紙の書き方)(2011.5.17)

最近、私達の新しい論文が雑誌Glycobiology6月号に掲載されました。科学の研究では自分たちの論文の掲載がふさわしいと思う雑誌に投稿して、掲載が適当かどうかの判断をレフリー(論文の内容が理解できて掲載の可否を判断できると考えられる専門家で、2-3人が普通です。reviewerともいいます)とエディターに委ねます。レフリーのコメントをふまえてエディターは掲載の可否を判断してくれます。別の雑誌に投稿して下さい(rejectといいます)という返事がかえってくる場合もありますし、改訂して実験を付け加えて再投稿してくださいという場合も多いです。私達はレフリーとエディターのコメント(改善すべき点などの指摘)に応じて論文を改訂してより良いものにして、最終的な掲載に至るわけです。よいレフリーにあたると建設的な問題点の指摘があったりして論文が格段によくなりますし、良く読まないで内容を誤解したりして、とんでもないことをいってくるレフリーの場合は、そういう誤解をされないように内容をよりわかりやすくするなどして対処していきます。やりとりは全部英語で行いますので、どうしてもレフリーに反論したりするための英文の手紙を書かなくてはなりません。

レフリーに対する答え(response)の手紙の書き方ですが、こうした手紙の見本は今までは入手が難しかったので同僚や先生の書いたものをまねして書くのが一般的でした。ところが、最近になってレフリーと著者とのやりとりの手紙(レフリーのコメントとそれに対して著者の書いたレスポンスの手紙)すべてが公開される例がいくつかでてきました。例えば有名なThe EMBO Journalでは掲載された各論文について掲載までのやりとりの手紙が完全に公開されています。Review Process Fileというのがそれです。論文を投稿した後で受け取るeditorrefereeのコメントの手紙、それを受けて改訂した原稿を送るときに付けるresponseの手紙、それに対する答え、再改訂の手紙などが読めます。たとえばここにはThe EMBO Journalの2011年5月号の目次があります。EMBO Openと書いてある論文は無料で誰でもダウンロードできますから、その論文のReview Process Fileをダウンロードして読んでみてください。論文の投稿の実態がよく分かると思います。

論文の書き方を勉強している人や現にレフリーとやりとりをしている方は、是非、できるだけ沢山のReview Process Fileをダウンロードして読んでみて、よりよい英文を書くためのデータベースとして活用して下さい。もちろんレフリーをやっている方にとっても、レフリーのコメントの書き方の例として貴重なものです。

バックナンバー
   
福岡は雪です。―リンク集の改訂と英語の辞書と教科書の紹介:大学図書館を活用しよう その3です― (2016.1.25)  
新しいPowers of Ten: ものの大きさの旅―プランク長から宇宙の果てまで。大学図書館を活用しよう―その2です (2015.06.12)  
2015年、あけましておめでとうございます!大学図書館を活用しよう―その1です(2015.01.13)  
ヒト糖鎖遺伝子の線虫オーソログの網羅的RNAiと新しい線虫糖鎖遺伝子データベースCGGDBの論文がでました!(2014.8.29)  
研究室のコンピュータのOSをWindowsXPからWindows7に全部変えました (2014.5.27)  
アセチルCoAトランスポーターの総説を書きました。(2013.3.26)  
遺伝子ネットワーク解析ソフト VISANTの使い方です!(2013.03.08)  
あけましておめでとうございます。(2013.01.18)  
山中伸弥先生、John Gurdon先生 ノーベル賞おめでとうございます。(2012.10.09)  
真のリーダーシップをもった先生(2012.05.10)  
新学期が始まっています! (2012.04.18)  
春めいてきました!冠詞の使い方の解説サイトの紹介です(2012.03.03)  
あけましておめでとうございます!ポスター発表の例をみられるサイトの紹介です(2012.01.02)  
トップジャーナルに投稿しよう! 3 (図の説明の書き方) (2011.12.28)  
科学の方法1(統計学を勉強しよう)(2011.9.22)  
トップジャーナルに投稿しよう! 2 (レフリーとのやりとりの見本)(2011.5.17)  
あけましておめでとうございます。(2011.01.10)  
真夏の怖い話(2010.08.26)  
今年も九州大学生物学科の公開講座の季節になりました。(2010.08.03)  
ドイツのEMBLにいってきました。(2010.07.02)  
英語で話すコツ (3): 英語で講義をしてみたい!(2010.04.01)  
iPS細胞の山中先生の講演会と、糖鎖生物学 (2010.01.29)  
あけましておめでとうございます。(2010/01/13)  
生命科学の文献検索のやりかた:PubMedを使ってみよう (1) (2009/11/11)  
糖鎖化学の教科書の紹介  (2009/10/17)  
実験ノートについて (3) (2009/10/10)  
科学を学ぶ人のためのポータルサイトの紹介(2009/10/2)  
LSD(ライフサイエンス辞書ツール、Firefox用マウスオーバー辞書アドオン)の使い方(2009/8/14)  
オープンキャンパスでにぎわっています! (2009/8/7)  
無料の英語の辞書とweb pageの保存用アドオンの紹介 (2009/7/27)  
英語で話すコツ(2) (2009/7/17)  
英語で話すコツ (1) (2009/6/22)  
糖鎖生物学って何だろう?(1) インフルエンザウイルスの話 (2009/6/1)  
実験ノートについて (2) (2009/5/17)  
実験ノートについて (1) (2009/5/10)  
虫の写真 C. elegansではなくて昆虫です! (2009/4/24)  
新学期です! (2009/4/13)  
トップジャーナルに投稿しよう! (2009/3/31)  
科学を楽しく勉強できるサイト (2009/3/20)  
科学を楽しく学べるサイト (2009/3/16)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (3) (2009/3/10)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (2) (2009/3/9)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (1) (2009/3/4)  
Google検索 (6) (2009/2/25)  
Google検索 (5) (2009/2/24)  
Google検索 (4) (2009/2/23)  
Google検索 (3) (2009/2/20)  
Google 検索 (2) (2009/2/19)  
Google検索 (1) (2009/2/16)  

ダーウイン生誕200年 (2009/2/12)

下の写真は私達の長年利用していた九州大学コラボステーションIIです。手前にうつっているのは千利休 釜掛けの松の記念碑です。 ここは野点(のだて)発祥の地とされています。