糖鎖生物学って何だろう?(1) インフルエンザウイルスの話


糖鎖生物学って何だろう?(1) インフルエンザウイルスの話

インフルエンザウイルスは糖鎖を使って感染する。

生物の細胞の表面は糖鎖でびっしり覆われています。これを糖衣glycocalyx(グライコ・ケイリクスと発音します。覚えておくとよいのですが、英語では単語の中にあるa という文字は「ア」と発音しないで「エイ」と発音する場合が多いです)と呼びます。細胞は糖のころもを着ているのです。糖衣は細胞の一番外側にありますから、外から細胞に感染するウイルスやバクテリアが最初に接触するのが糖衣の糖鎖です。今話題のインフルエンザウイルスもこの糖衣を介して細胞に感染し、細胞に侵入していきます。H1N1とかH5N1とか表記されるHがヘマグルチニン(赤血球凝集素Haemagglutinin)の略で、これは糖鎖と結合するウイルスの成分蛋白質を表し、1とか5とかいう数字はその亜型を示します。ウイルスは細胞表面にある酸性の糖であるシアル酸 (ノイラミン酸neuraminic acidの誘導体の総称です)を含む糖鎖と結合して細胞内に侵入、細胞内部で複製します。細胞を殺して外へ飛び出そうとするときウイルスをくっつけるシアル酸があると今度はじゃまで出られません。それでノイラミニダーゼという酵素(これがH1N1Nです。NeuraminidaseNです。)をもっていて、これを使ってシアル酸を分解して外に出ます。この酵素を働けなくするのがタミフルリレンザという薬です。

インフルエンザウイルスに限らず、ウイルスのほとんどすべては糖鎖を介して感染します。糖鎖の機能を調べる糖鎖生物学の研究は、ウイルス感染の克服に必須です。

インフルエンザやウイルスと糖鎖については以下のリンクに更に詳しい説明があります。

Glycomicrobiologyのやさしい解説 (日本語)―インフルエンザウイルスやノロウイルス、C型肝炎と糖鎖の関わりがよくわかるサイトです。

glycocalyxの写真はGoogle 画像検索で探してみてください。

 

 

バックナンバー
   
ヒト糖鎖遺伝子の線虫オーソログの網羅的RNAiと新しい線虫糖鎖遺伝子データベースCGGDBの論文がでました!(2014.8.29)  
研究室のコンピュータのOSをWindowsXPからWindows7に全部変えました (2014.5.27)  
アセチルCoAトランスポーターの総説を書きました。(2013.3.26)  
遺伝子ネットワーク解析ソフト VISANTの使い方です!(2013.03.08)  
あけましておめでとうございます。(2013.01.18)  
山中伸弥先生、John Gurdon先生 ノーベル賞おめでとうございます。(2012.10.09)  
真のリーダーシップをもった先生(2012.05.10)  
新学期が始まっています! (2012.04.18)  
春めいてきました!冠詞の使い方の解説サイトの紹介です(2012.03.03)  
あけましておめでとうございます!ポスター発表の例をみられるサイトの紹介です(2012.01.02)  
トップジャーナルに投稿しよう! 3 (図の説明の書き方) (2011.12.28)  
科学の方法1(統計学を勉強しよう)(2011.9.22)  
トップジャーナルに投稿しよう! 2 (レフリーとのやりとりの見本)(2011.5.17)  
あけましておめでとうございます。(2011.01.10)  
真夏の怖い話(2010.08.26)  
今年も九州大学生物学科の公開講座の季節になりました。(2010.08.03)  
ドイツのEMBLにいってきました。(2010.07.02)  
英語で話すコツ (3): 英語で講義をしてみたい!(2010.04.01)  
iPS細胞の山中先生の講演会と、糖鎖生物学 (2010.01.29)  
あけましておめでとうございます。(2010/01/13)  
生命科学の文献検索のやりかた:PubMedを使ってみよう (1) (2009/11/11)  
糖鎖化学の教科書の紹介  (2009/10/17)  
実験ノートについて (3) (2009/10/10)  
科学を学ぶ人のためのポータルサイトの紹介(2009/10/2)  
LSD(ライフサイエンス辞書ツール、Firefox用マウスオーバー辞書アドオン)の使い方(2009/8/14)  
オープンキャンパスでにぎわっています! (2009/8/7)  
無料の英語の辞書とweb pageの保存用アドオンの紹介 (2009/7/27)  
英語で話すコツ(2) (2009/7/17)  
英語で話すコツ (1) (2009/6/22)  
糖鎖生物学って何だろう?(1) インフルエンザウイルスの話 (2009/6/1)  
実験ノートについて (2) (2009/5/17)  
実験ノートについて (1) (2009/5/10)  
虫の写真 C. elegansではなくて昆虫です! (2009/4/24)  
新学期です! (2009/4/13)  
トップジャーナルに投稿しよう! (2009/3/31)  
科学を楽しく勉強できるサイト (2009/3/20)  
科学を楽しく学べるサイト (2009/3/16)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (3) (2009/3/10)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (2) (2009/3/9)  
ネットで読む生命科学の教科書、参考書 (1) (2009/3/4)  
Google検索 (6) (2009/2/25)  
Google検索 (5) (2009/2/24)  
Google検索 (4) (2009/2/23)  
Google検索 (3) (2009/2/20)  
Google 検索 (2) (2009/2/19)  
Google検索 (1) (2009/2/16)  

ダーウイン生誕200年 (2009/2/12)

下の写真は私達のいる九州大学コラボステーションIIです。手前にうつっているのは千利休 釜掛けの松の記念碑です。
               ここは野点(のだて)発祥の地とされています。