記憶の可視化と操作から探る
記憶・学習のメカニズムの究明

九州大学 大学院理学研究院

生物科学部門 動態生物学講座

行動神経科学研究室(松尾研)

Laboratory of Behavioral Neuroscience

Department of Biology, Faculty of Science

Kyushu University

 

 私たちヒトを含む動物には、経験した情報を脳内に記録して、それを適切に引き出す機能が備わっています。この記憶・学習の仕組みのおかげで、私たちは刻々と変化する環境・外界情報に対して適切な判断を下し、行動することができます。

 当研究室では、主に遺伝子改変マウスを用いた行動解析、分子・細胞生物学、光・薬理遺伝学、in vivo脳内活動イメージングなどの手法を複合的に駆使することにより、記憶情報を担う神経細胞群・回路・シナプスの“可視化”や“活動操作”を行い「個々の記憶情報は脳内のどこで・どのような原理で表象され、どのような仕組みで適切に読み出されるのか?」といった記憶・学習を中心とする高次脳機能の基本的な仕組みの謎に迫るため、日夜研究を行っています。

                                                                     

NEWS

2020/4/1      小林曉吾が助教として着任しました。

2019/7/1      松尾直毅が着任し、研究室が発足しました。

Last Updated: 2020/4/1