:::Chromosome Official Site:::

学会発表(最近5カ年:口頭発表)

  1. Polεを足場にしたCtf18-RFCによる動的PCNAローディング 釣本 敏樹 藤澤 遼 大橋英治 第39回日本分子生物学会年会シンポジウム 2016年11月30日 横浜

  2. PCNA結合蛋白質のRad9-Hus1-Rad1リングとの結合メカニズム 大橋英治、岩田直也、釣本敏樹 第39回日本分子生物学会年会シンポジウム 2016年12月2日 横浜
  3. Ctf18-RFC bound to Polε loads PCNA efficiently. Fujisawa R, Ohashi E, Hirota K, Tsurimoto T The 10th 3R Symposium 2016年11月13-17日、Matsue, Japan
  4. Intramolecular folding of Rad9 C-terminal tail in the Rad9-Hus1-Rad1 checkpoint clamp regulates its interaction with DNA damage response proteins. Ohashi E, Iwata N, Tsurimoto T The 10th 3R Symposium 2016年11月13-17日、Matsue, Japan
  5. クランプ・ローダー系による進行障害時の複製フォークの機能制御 Tsurimoto T, Ohashi E, Fujisawa R, Takeishi Y 第38回日本分子生物学会年会ワークショップ 2015年12月2日 神戸
  6. Rad9 C末端によるチェックポイントクランプRad9-Hus1-Rad1の機能制御機構 Ohashi E, Takeishi Y, Tsurimoto T.   第38回日本分子生物学会年会ワークショップ 2015年12月3日 神戸
  7. Rad9 C末端によるRad9-Hua1-Rad1(9-1-1)のDNA損傷応答制御機構 Ohashi E, Takeishi Y, and Tsurimoto T. 第23回DNA複製・組換え・修復ワークショップ 2015年10月19日 焼津

  8. Polεに結合したCtf18-RFCのPCNAローディング過程の解析. Ryo Fujisawa, Ohashi E, Tsurimoto T. 第23回DNA複製・組換え・修復ワークショップ 2015年10月19-21日 焼津

  9. DNA損傷応答因子ATR-ATRIP、Rad9-Hus1-Rad1、TopBP1の3者間結合によるATR活性化機構. Ohashi E, Takeishi Y, Ueda S, and Tsurimoto T. 第37回日本分子生物学会年会ワークショップ 2014年11月27日 横浜

  10. ヒトCtf18-RFCはPolεと複合体となって機能的にPCNAをロードする.Fujisawa R, Tsurimoto T. 第37回日本分子生物学会年会ワークショップ 2014年11月27日 横浜

  11. Novel mechanisms of PCNA loader complexes to specify their function. Tsurimoto T, Fujisawa R, Ohashi E, Tanaka S, Araki H, Sun Q, Kaye K. The 9th 3R Symposium 2014年11月17-21日、Gotemba, Japan

  12. 染色体複製におけるクランプとローダーの多様な機能 釣本敏樹 大阪大学蛋白質研究所セミナー「染色体伝承の分子背景」2014年9月26日 吹田
  13. Roles of loader proteins for coupling between replication and chromosome maintenance. Toshiki Tsurimoto. ゲノム普遍的制御国際シンポジウム 2014年2月5日京都
  14. DNAポリメラーゼεとPCNAローダーCtf18-RFCのホロ複合体形成とその機能 Tsurimoto T, Okimoto H, Ryo Fujisawa, Ran Taguri, Ohashi E, Tanaka S, Araki H 第36回日本分子生物学会年会ワークショップ 2013年12月3日 神戸
  15. Rad9-TopBP1間の結合はATRの活性化を介してTopBP1のDNA損傷部位への局在を促進する Ohashi E, Takeishi Y, Ueda S, Tsurimoto T. 第36回日本分子生物学会年会ワークショップ 2013年12月3日 神戸

  16. ヒトTopBP1-Rad9結合によるATR活性化を介したTopBP1のDNA損傷部位への局在促進 Ohashi E, Takeishi Y, Ueda S, and Tsurimoto T.第22回DNA複製・組換え・修復ワークショップ 2013年11月20日 仙台

  17. ヒト細胞のS期チェックポイント制御機構の分子再構築 Tsurimoto, T, Ohashi E,Takeishi Y, Iwaya R, Miyanari R第85回日本生化学会年会シンポジウム 2012年12月16日 福岡

  18. DNA複製装置と染色体接着装置のクロストーク Tsurimoto T, Ohashi E, Okimoto H, Tanaka S, Araki H 第35回日本分子生物学会年会ワークショップ 2012年12月13日 福岡
  19. Direct interaction of 9-1-1 and TopBP1 in human cells is not required for their initial accumulation to damaged DNA but for the subsequent efficient accumulation of TopBP1 through activation of the DNA damage checkpoint. Ohashi E, Takeishi Y, Ueda S, and Tsurimoto, T, 第35回日本分子生物学会年会ワークショップ 2012年12月13日 福岡

  20. Two functional structures of the chromosome cohesion PCNA loader, Ctf18-RFC Tsurimoto, T, Okimoto H, Tanaka S, Araki H, Ohashi E 第8回3Rシンポジウム2012年11月25日 Awaji