九州大学大学院

生体高分子学研究室

Protein Science and Cellular Biochemistry

大学院生募集について

生体高分子学研究室では、大学院生を募集しています。修士だけでなく、博士の学位取得を考えている意欲的な方の参加を期待しております。なお、当研究室の研究分野は、世界的に競合する実験科学ですので、日常的に強靭な体力と精神力が要求されます。

当研究室への大学院への入学は、出身大学の学部・専攻等は不問です。しかし、生化学、細胞生物学、分子生物学、いずれかの基礎科目に加えて、英語力に関しては、TOEICで730点以上の取得を条件とします。本邦の主要製薬企業は、TOEIC730点以上を採用条件としています。当研究室は、本ウェブサイトの過去在籍者欄にあるように、製薬企業に多くの卒業生を送り出してきた関係から、この得点を当研究室に所属する大学院生の英語力の標準とします。この得点は、訓練次第で十分に取得可能であり、これまでの大学院受験生では、800点を超えたものが少なくとも5名います。また、自宅での余暇を利用して、独自の英語勉強法により、一年後には700点レベルから920点という高得点をたたき出した院生もいます。英語は、訓練次第で上達しますが、もちろん、それだけで良い研究ができるとは限りません。しかし、だれにでもできることを努力して習得しようとしない者に、だれにでもできない一流の研究をやれるはずはありません。常に基礎学力の鍛錬を怠ることのないよう精進して下さい。また、中学・高校の教職単位を取得し、将来、教職を目指す方も当研究室へ参加されることを期待しています。興味ある方は、下記へ連絡して下さい。

  • 川畑俊一郎:skawascb(at)kyudai.jp
  • 小柴琢己:koshiba(at)kyudai.jp
  • ページの上部に移動