九州大学大学院

生体高分子学研究室

Protein Science and Cellular Biochemistry

その22 桜の花を愛でること

例年になく桜の開花が遅れていたが、ようやく自宅近くの公園のソメイヨシノが満開となった。伊都の新キャンパスには自慢の桜の木は一本も見当たらず、研究室の皆でカラスの襲撃を受けつつも、風の吹きすさぶ校庭の片隅(キャンパスコモンというらしい)でBBQパーティをやった。箱崎キャンパス工学部にあった、あの桜の木々は伐採されることなく、今年も花を咲かせているのだろうか。いつの頃だったか父母に連れられて、神社の境内で開催されている桜祭りに行った。肌寒い桜の木の下で、ドンチャンさわぎの宴会を開いている大人たちを眺めながら、なぜここまで桜を愛でるのか不思議に思ったことを覚えている。その後、小・中・高・大学生と進むにつれて、入学や卒業式の思い出には必ず桜の風景が重なり、今では桜の開花を待ち望んでいる。「さまざまの事おもひ出す 桜かな」という芭蕉の句がある(蕉翁句集)。この句が平易でありながら、しみじみと情景が広がり、懐かしく涙を誘い、深く心に響くのは桜のせいである。

柿本人麻呂(660~724)から良寛禅師(1758~1831)までの桜を読んだ歌や句をあげてみると、「桜花咲きかも散ると見るまでに 誰れかもここに見えて散り行く」(柿本人麻呂:万葉集)、「世の中にたえて桜のなかりせば 春のこころはのどけからまし」(在原業平:伊勢物語)、「花の色は移りにけりな いたづらにわが身世にふるながめせしまに」(小野小町:古今集)、「吹く風を勿来(なこそ)の関と思えども 道もせに散る山桜かな」(源義家:千載集)、「行き暮れて木(こ)の下陰を宿とせば 花や今宵の主ならまし」(平忠度:平家物語)、「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえてすずしかりけり」(道元禅師:傘松道詠集)、「願はくは花の下にて春死なん その如月の望月のころ」(西行法師:山家集)、「白雲の春は重ねてたつや山 をぐらの峰に花にほふらし」(藤原定家:新古今集)、「花に遠く桜に近し よしの川」(与謝蕪村:蕪村句集)、「夕桜 家あるひとはとく帰る」(小林一茶:享和句帳)、「形見とて何か残さむ 春は花 夏ほととぎす 秋はもみじば」(良寛禅師:八重菊日記)とある。眺める桜が変われども、時空をこえて、喜び・はかなさ・寂しさ・なつかしさ・永続性といった価値観が一貫している。

ここに詠まれている桜の多くはヤマザクラであり、ソメイヨシノではない。ソメイヨシノは、江戸は駒込の染井村の植木職人が、エドヒガンやオオシマザクラなどを原種として交配し、特定の一本を選んで接ぎ木により増やした園芸品種である。接ぎ木の台は、オオシマザクラ、あるいはアオハダザクラという台木用の品種が用いられるらしい。奈良吉野山の桜に因んで吉野桜と銘打って販売され、明治になって染井吉野と命名された。したがって、生物学的に言えば、ソメイヨシノは、すべて同一の交配木に由来するクローン植物である。交配種としては、確立されて200年に満たないであろう。

サクラの語源は、日本書紀や古事記で登場する天孫降臨で知られるニニギノミコトの妻であるコノハナサクヤヒメ(木花開耶姫)に由来するとされる。野生型の桜は万葉の古来より日本の春の情景を彩ってきたが、園芸品種といえども、ソメイヨシノは千年をはるかに超える日本の桜文化と融合し、満開であっても、桜吹雪であっても、葉桜であっても、酒を飲んでいることも忘れて見入ってしまう。野生種に負けるとも劣らない迫力と生命観で日本人の価値観に深く浸透している。「銭湯で 上野の花の噂かな」(正岡子規:寒山落木)、「九段坂息づきのぼりながめたる 桜の花はいまさかりなり」(若山牧水:白梅集)、花は間違いなくソメイヨシノである。桜が千年を超えて私たちの心に生き続けるためには、樹木本来の寿命だけでなく、文化による支えを必要としたのである。

2017年4月14日

私の父母は鬼籍に入っているが、生前、母が私に「あんたは本当に楽(らく)だった」と話していた。何が楽だったかというと、私に対して「勉強しなさい」と言ったことが一度もなかったというのである。確かに、私にも言われた記憶はない。小・中・高校時代、おそらくその後も含めて、私の勉学の動機づけは、成績表や成果を見聞きして喜ぶ父母の顔を見たかっただけだったのかもしれない。その意味では、私は、些細な人生の楽しみのひとつを失って久しいのである。後日、R教授から返礼の電子メイルが届いた。道真公の史実を鑑みて、今後も研究に没頭したいとの旨であった。

2017年1月6日
Prev 目次 Next
ページの上部に移動